« 森田実 | トップページ | 米軍再編を考える市民大集会 »

2009年10月29日 (木)

二井知事の心変わり???

 「空母艦載機部隊の岩国移駐を喜んで受け入れているわけではない。当初は反対したが、国が閣議決定したので協力してきた。新政権が計画を白紙に戻すというのなら、県としては空母艦載機部隊の移駐には反対する」

 28日、海上自衛隊の護衛艦の衝突事故で謝罪に訪れた榛葉防衛副大臣に対する二井知事の発言である。
 この発言の真意はつかみづらいが、皆さんはどう思われただろうか。多くの人が、知事も移転反対に転じたと思い、「今頃空母艦載機部隊の移駐に反対するのであれば、初めから反対すればよかった。ころころと変わる人だ。自らの保身ではなかろうか。」と感じたようである。

 でも、普通に考えてみると、新政権が米軍再編の見直しを行い、仮に空母艦載機部隊の岩国移駐を白紙に戻すのであれば、市民の安全・安心という観点からは大変望ましいことであり、素直に喜ぶべきである。私も含めて多くの市民は涙を流して喜ぶだろう。

 でも知事の行動は全然違う。現計画を白紙撤回したら今後国の言うことはきかないぞと一種の脅しをかけて、空母艦載機部隊の岩国移駐をそのまま実施するよう迫っているのである。
 延び延びになっている愛宕山開発の跡地を予定通り防衛省に買ってもらうため、取引条件になっている民間空港を再開してもらうためには、空母艦載機部隊の岩国移駐をそのまま実施してもらわなければ困るのであろう。
 政権が代わり情勢が変わりつつあることへのいらだち、焦りが今回の発言になったように思われる。

 それにしても、負担に苦しむ市民の感覚といかにかけ離れていることか。
 岩国市長も、これに追随するのが目に見えるようである。

 午前中森田実さんにお会いし岩国の現状をお話しした後、岩国に戻る。夕刻には市民大集会に向けて最後の打ち合わせを行う。

 11月2日(月)18時から、岩国市民会館で「米軍再編を考える市民大集会」を開催する予定。市内外からの多数の参加を期待したい。

人気ブログランキングへ

|

« 森田実 | トップページ | 米軍再編を考える市民大集会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

うわーっ! 二井さんにはびっくり!
政権が代わったとたん、喜んで受け入れたわけではないから、艦載機移駐には反対しますだって。
じゃあ、平岡さんと一緒に、防衛大臣や外務大臣に艦載機移駐反対要望に早く行ってください。

それとも、白紙撤回なら反対!と言ったのは、白紙撤回しないで、早く自民党が閣議決定したとおり
一日も早く再編を実行してくれ! と防衛副大臣を脅したのですか?
そうしてくれないと、愛宕山の赤字が解消せず、山口県の負担になるからですか?
阿知須の干拓地は、もっともっと赤字なのに、あれは二井さん自身がきらら博で使ったから、赤字の面倒
をみるというのですか?

山口県もこんな知事では、お先真っ暗ですね。

投稿: 二井子 | 2009年10月30日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46619033

この記事へのトラックバック一覧です: 二井知事の心変わり???:

« 森田実 | トップページ | 米軍再編を考える市民大集会 »