« 日本一の清流錦川とダム | トップページ | 久しぶりの防衛省 »

2009年10月 8日 (木)

補正予算の見直し

 補正予算の見直しが急ピッチで進められている。行政刷新会議の主導で先日いったん締め切られ、14.7兆円の内、約2兆5千億円が執行停止になった。鳩山総理は、もうひと踏ん張りしてくれと指示を出し、さらに各省で検討が行われている。
 内訳は、まだ明らかになっていないが、アニメの殿堂などの公共事業、庁舎整備、数年間にわたる基金への積み立てなどを中心に見直しが行われているという。
 すでに執行済み、契約がなされているもの、地方への配布が終わっているものなど難しい状況はあるが、かなりの努力が行われているように思われる。
 ムダを省き、新しい政策の財源を捻り出すことが、政府の大方針であり、その最初の試金石になりそうである。

 補正予算はあくまで臨時のものであり、通常の政策経費などは毎年の本予算で賄うのが筋である。今回の補正もそうであるが、過去、景気対策と称して補正予算が乱発されてきた。しかも財源はほとんど借金というのが常であった。
 現在の国の多額の借金の原因の一つは、こうした補正予算にあるとも言える。

 私も経験したことがあるが、通常の予算編成では、厳しく大蔵省に査定され削られるのが常であるが、補正となるとまさに大盤振る舞い、要求するものがつくのはあたり前、向こうから、これだけやるから何か使い道を考えろと、押し付けてくるようなこともあった。各省は、ここぞとばかり、獲得が難しかった予算を取ろうとする。消化不良になることも。

 岩国市でもそんな風潮があったので、改めた。本予算を原則とし、災害など本当に緊急に必要なもののみ補正対応することにした。
 本予算は、長期的計画的に編成を行うことにしていたので、議員などの口利きや圧力などを排除することにも役立った。

 でも、少し気になるのは、補正の財源は約10億が借金だったので、いくら執行停止しても、純粋な財源ではないことを明記しておくべき。

 さらに、来年初めには、追加経済対策が予定されており、それにも回せば、新年度の財源にはあまりならない。
 要は、今後の本予算の編成における無駄排除がどの程度行われるかが、新政府の本番である。

人気ブログランキングへ

|

« 日本一の清流錦川とダム | トップページ | 久しぶりの防衛省 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

オバマ大統領の就任演説で自らを奮い立たせ…政府が何をやってくれるのじゃなく自分に何が出来るかだ!こんな一文が出たとき私は鳥肌が立ちました、何でもかんでも他人任せにするのじゃなく微力ですが自分自身立ち上がるそんな時代が現在きたのではないのでしょうか

投稿: | 2009年10月 9日 (金) 17時32分

補正予算の見直しが急ピッチで進んでいる。昨日は2兆5千億と言っていたのに、今日は3兆だって。
1兆2兆・・と想像もできないお金が、すぐに見直されるなら、これまではどんなに無駄ばかりだったのか?と
疑いたくなる。
四国に2本も3本も橋は要らないだろう。
私が納めた税金、これからはもっと有効に使ってください。鳩山さんお願いします。

投稿: 無駄 | 2009年10月10日 (土) 00時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46435305

この記事へのトラックバック一覧です: 補正予算の見直し:

« 日本一の清流錦川とダム | トップページ | 久しぶりの防衛省 »