« 政府に地元の声を届ける | トップページ | アメリカの圧力? »

2009年9月10日 (木)

連立合意

 ようやく連立合意が成立した。焦点となった外交・安全保障に関する部分は、次の通りである。
「主体的な外交戦略を構築し、緊密で対等な日米同盟関係をつくる。日米協力の推進によって未来志向の関係を築くことで、より強固な相互の信頼を醸成しつつ、沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。」

 日米地位協定の改定と米軍再編の見直しに関する部分は、民主党のマニフェストの表現と同じであるが、今回、沖縄県民の負担軽減が強調されていることが特徴である。
 一方で、地元の動きが弱いのであろうか、岩国が話題にならないのが気になる。
 もちろん、沖縄普天間基地の移設が最重要課題であることに全く異論はないが、その蔭で、岩国は忘れられているのではないか。このまま基地が拡大されるのではないか。
 逆に、岩国問題は、アメリカ側にとってあまり重要ではなく、見直しの可能性も十分にあるのではないか。
 不安や期待など、いろいろな想いが浮かんでは消える。

 米軍再編は一つのパッケージ(一体のもの)と繰り返し言われてきており、もう一度原点に返り、全体として、様々な選択肢を検討すべきである。
 そして、これまでのお金で地元の意思を抑えつけるような旧態依然としたやり方では何も解決しないことはもはや明らかであり、改めて地元の声に真摯に耳を傾けることから始めるべきである。お互いに誠意を持って話し合いを行えば、必ず合意点を見つけることができるはず。

人気ブログランキングへ

|

« 政府に地元の声を届ける | トップページ | アメリカの圧力? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

中川昭一さん、地元にどれだけの利益をもたらしたか、とぼやいていました。あの時  潔く議員離職して、お詫び行脚をして、でなおしをしたら・・・
国民のために酒を断つ。の言葉に鈴木宗男さんは自分のためでしょうといっていました
。ずいぶんたたかれた人ですがたくましい人ですね。
   

投稿: | 2009年9月11日 (金) 20時37分

3党連立が決まり!
来週からは、ぞくぞく大臣の顔が出揃うのだろうか?
社民党の福島さんが、防衛大臣になったらいいのに・・・なんて考えてしまう。
山口2区の平岡さんも是非入閣して欲しい。防衛か外務か財務・・・・それに近いポストになられると岩国も変わるだろう。
しかし、米軍再編を見直すとマニュフェストにかかげた民主党政権に、愛宕山を米軍住宅に買い取ってくれ!と市長はお願いに行き
年末の概算要求にあげてもらうよう頼むのだろうか???????

投稿: しゃみこ | 2009年9月11日 (金) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46177639

この記事へのトラックバック一覧です: 連立合意:

» のぼせ上がるな!民主党 [恥ずかしい歴史教科書を作らせない会]
■ 目前に迫る「新政権」  「新政権」の発足が近づいています。  私もこの「新政権」に期待していた一人ですが、ここ最近の民主党を見ていると、再びその期待が薄れ、次第に不安へと変わっていきます。  例えば、選挙後10日間をかけて決着した連立政権協議をめぐって、基地問題や日米地位協定の問題では、社民党との「違い」「隔たり」が報じられ、新聞各社が「安保で社民に大幅譲歩」(産経)、「はや不協和音」(読売)、「社民党の粘り勝ち」(毎日)などと報じました。  しかし、実際に盛り込まれたのは民主党がマニフェス... [続きを読む]

受信: 2009年9月11日 (金) 00時13分

« 政府に地元の声を届ける | トップページ | アメリカの圧力? »