« 連立協議 | トップページ | 連立合意 »

2009年9月 9日 (水)

政府に地元の声を届ける

 沖縄の民主、社民、国民新3党の国会議員など7人が、「うる(沖縄ではサンゴを意味する)の会」を結成し、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設反対や2010年度沖縄関連予算の見直しなどを新しい政権に共同で求めていくことを決めたという。
 3党の連立協議でも沖縄問題が焦点になり、今後の日米交渉でも厳しい局面が予想されるので、その前に、沖縄の声をきちんと届けておくという趣旨であろう。

 沖縄の蔭に隠れて、岩国問題はあまり話題にならないが、こちらも、年末の予算編成までの数カ月間が、今後の方向性を占う大切な時期になる。
 もう一度市民の声を結集して、国に届ける必要がある。
 そのために、新しい組織の立ち上げ、活動方針、国等への要請の日程などを協議する準備会が開催された。大きな異論はなかったように思うが、もう1~2回打ち合わせを行い、組閣後の9月下旬には市民協議会を発足させ、できれば新しい大臣に要請を行っていきたい。

 いよいよ、新たな挑戦が始まる。

 私のホームページを間もなく閉鎖し、その代りに、このブログの横の欄に、「井原勝介の情報」コーナーを設けることにする。
 まだ試作の段階であるが、今後、徐々に内容の充実を図っていくことにする。

人気ブログランキングへ

|

« 連立協議 | トップページ | 連立合意 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

3党連立が決まった。
いずれにしても、お互いがけん制しあい良い方向に政治が変わっていくことを期待する。
日米関係も、きっと今までのように隷属関係ではなくなるだろう。
岡田氏が外務大臣になったことも期待がもてる。

投稿: リーチ君 | 2009年9月10日 (木) 11時19分

栄枯盛衰は世の習い、を鮮明にみせていただきました。さて次の市長選の結果は如何に!

投稿: | 2009年9月10日 (木) 12時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46169375

この記事へのトラックバック一覧です: 政府に地元の声を届ける:

« 連立協議 | トップページ | 連立合意 »