« 日米同盟 | トップページ | 防府 »

2009年9月25日 (金)

選挙の方法

 近隣や近県から、自治体の選挙に立候補しようと考えている人やその関係者が、時々訪ねて来られる。
 地方の選挙は、往々にして与野党、有力団体などが相乗りしてしまい無風になる。その結果、選挙民の選択権が実質的に奪われてしまい、政治は市民、県民からかけ離れたものになる。
 何とか草の根の市民運動で対抗したいと思っている人は増えているが、そう簡単なことではない。
 私は、既存の団体や有力者、政党などに頼らずに、あくまで、草の根の市民レベルで政治を行い選挙を闘ってきたので、特別な選挙戦略があるわけでもなく、これまでの経験や感じたことをお話している。
 要は、有力な力に頼るのではなく、一人ひとりに会い自らの理念や政策を訴え、支持を獲得していくこと、これしかないと思う。彼らの純粋な支援を得て当選して初めて、市民全体のために、しがらみのない自由な政治を行うことができる。

 政権交代が行われたのだから、今後の選挙においては、まず各政党が責任を持って、選挙民に明確な選択肢を示すべきであろう。一方で、上から押し付けられるのではなく、市民、県民の中から、主体的に候補者を選ぶという仕組みも定着させる必要がある。

 新しいホームページの作成作業を行っている。現在、新旧二つのページがインターネットに挙がっているが、10月1日からは、新しいものに完全に移行する。これまでと同様、ブログにもつながっていますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願いします。

  新ホームページ http://homepage3.nifty.com/ihara7/

人気ブログランキングへ

|

« 日米同盟 | トップページ | 防府 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

愛宕山開発は、国に勧められてはじめたのですか。赤字を国が負うべきだといっているひとがいますので・・・

投稿: | 2009年9月26日 (土) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46312837

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙の方法:

« 日米同盟 | トップページ | 防府 »