« 政治の根本を変える | トップページ | 内閣への権限の一元化 »

2009年9月 6日 (日)

政治の根本を変える

 毎月1回、政治評論家の森田実さんのホームページに、「風だより岩国」と題して投稿している。
 今回の主な内容は次の通り。

 これまで、各種の業界は、政権与党即ち自民党の強力な応援団となり、選挙の際にはお金も票も提供し、その見返りに特別な利益を求め、政党の側もそれに応えてきた。

 団体や企業が、それぞれの設立目的の実現のために行動することは当然であるが、そのために、構成員の基本的な権利である選挙の自由を奪うのは、明らかな行き過ぎである。
 構成員も、所属する組織の利益に関心を持ち協力するにしても、団体の決めた通り、社長に言われた通りに投票することは、自らが政治に参画する唯一の権利を放棄すること。政治を選択する基準は、福祉や環境、教育、そして平和などもっと多様なものであるはず。一人ひとりの国民が幅広い視点で自由に政治を選択して初めて、民意を反映した政治が実現される。

 政権が代わったのだから、今度は新しい与党に乗り換える、政党の側も、それを利用して票やお金を集めるというのでは、本質的な部分では何も変わらないし、結局国民の本当の利益は後回しになる。

 自治体の首長たちも似たような状況にある。補助金など国の支援を受けるために、政権与党の応援をする場合が多い。これは基本的に間違っている。首長は、自治体全体の住民の利益のために、党派に偏らず仕事をすべきである。
 特に、政権交代が想定される時代にあっては、首長は、一方に与するのではなく、厳に中立の立場を守るべきである。さもなくば、反対の政党が政権を取った場合に、自治体運営に大きなマイナスとなりかねない。

 詳細をご覧になりたい方は、2~3日経って以下にアクセスしてみて下さい。

  http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/

 明日7日(月)15:00から、「草の根ネットワーク岩国」の事務所で私と語る会があります。どなたでも参加できます。遠慮なくどうぞ。

人気ブログランキングへ

|

« 政治の根本を変える | トップページ | 内閣への権限の一元化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46141982

この記事へのトラックバック一覧です: 政治の根本を変える:

« 政治の根本を変える | トップページ | 内閣への権限の一元化 »