« 岩国市の本音 | トップページ | 信頼関係 »

2009年9月21日 (月)

自民党総裁選

 「総裁」という名称は、変えた方がいいのでは。いかにも偉そうで市民感覚からかなりずれている。

 派閥支配の是非が大きな議論になっている。
 「政党」とは、一致団結して、理念と政策を実現することにより国民のために働くもの。
 「派閥」は、その理念や政策とは無縁の、ポストやお金などまったく別の論理で動くもの。従って、派閥ができ、力を持てば持つほど、その集団は本来の「政党」ではなくなる。

 派閥の力関係、或いはそのボスの意向により、総理・総裁の椅子が左右される自民党は、もはや派閥あって党なしの状態になってしまった。
 その結果、本来の政治が機能せず、族議員と官僚と業界、三者のもたれ合いを生み、国民の利益は後回しになってしまった。

 こうした自民党政治の仕組みそのものに対して、国民が強い拒否反応を示したのが今回の選挙である。

 再生を目指すのであれば、派閥解消は当然の出発点でなければならない。その上で、理念や政策について民主党との違いを際立たせるものがなければならない。

 3人の候補者の中では、この点を明確に意識しているのは、河野太郎さんであろう。
「悪(あ)しき体質を引きずった人をベンチに入れるべきではない」「派閥の親分でありながら比例代表で復活当選した人は、次の順番の若い世代に譲っていただきたい」
 激しい言葉であるが、本質をとらえたものである。
 さらに言えば、政治家としてのゴールとも言うべき総理大臣まで登りつめた人は、院政を行うのではなく潔く引退すべきであろう。

 ここまで来れば、誰が勝っても、自民党の分裂は避けられないのではなかろうか。むしろ、一旦解散して、志を同じくする者が新たな政党を立ち上げるくらいの勇気を持つべきである。

 知人の畑がすっかり緑になっている。
0921hizumi2 0921hizumi3

人気ブログランキングへ

|

« 岩国市の本音 | トップページ | 信頼関係 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

選挙で負けて、まだ派閥に重きをおいている自民党。
見ていて悲しいです。
国民のことよりも「自分のこと」を優先しすぎて見苦しいです。
総理大臣になった人たちが今も影響力を持つことはおかしいと思います。

投稿: エリコフ | 2009年9月22日 (火) 03時04分

 大野伴睦は、岐阜羽島駅を作り。佐藤栄作は大島大橋を、作った大政治家は、地元に利益をもたらすものか!


投稿: | 2009年9月23日 (水) 18時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46275218

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党総裁選:

« 岩国市の本音 | トップページ | 信頼関係 »