« 民空概算要求 | トップページ | 新たな裁判 »

2009年9月 1日 (火)

公人としての立場

 手紙をいただいたので、そのまま掲載する。

「岩国市長公務中に選挙活動

 私がびっくりしたのは、選挙期間中の8月20日(木)午後4時半~5時過ぎにかけて現職の岩国市長が自民党候補者の街宣車に乗り込み牛野谷地区に入り「愛宕山開発跡地にはスポーツ施設等を作ります」と大声で叫んでいました。
 私はすぐ秘書課にこの時間帯が市長公務か否かの確認をしたところ「公務中」の返事が返ってきたので、岩国市選管にこの事実を伝えたところ長時間待たされ「市長は特別職なので公務中以外であれば問題ない、しかし公務中の判断は選管は関与できないので後は、警察に連絡してください」とのことでした。
 これ以上は追及しなかった自分を今は反省しています。しかし、私は思います。市長といえども、市民の血税によって給料は支給されている、そうした行為は許されるものではなく、抗議の声を高く挙げたいと思います。」

 「国とのパイプ役になる」という政治家がよくいる。国の言いなりにお金をもらってくることが政治だと思っているとすれば、あまりにも淋しい。私は、あまり好きな言葉ではないので、絶対に使わない。
 しかし、新しい政権与党との関係を自ら断ち切ってしまっては、今後、岩国市、ひいては市民にとって大きなマイナスとなりかねない。いろいろ個人的な事情はあったのであろうが、市長という公人としての立場をわきまえて欲しかった。

人気ブログランキングへ

|

« 民空概算要求 | トップページ | 新たな裁判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の総選挙でわかった事…利権政治家は国民から見抜かれいつかは退場する事になる福田さんも気をつけて欲しい金だけの付き合いではいずれ捨てられる…やはり心の繋がりに優るものなど無い事を

投稿: | 2009年9月 2日 (水) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46094427

この記事へのトラックバック一覧です: 公人としての立場:

» 民主党マニフェストに期待し民主党政権を市民は支えていこう! [日本国憲法擁護本当の自由主義と民主主義連合〜法大OBのブログ]
ポチっとblogランキング(^^ゞ 総選挙で圧倒的な議席を獲得した鳩山代表は、社民・国民新党との連立政権を呼びかけ自公政権に変わる政権運営をさっそく呼びかけられています。 これにわれわれは答えて、鳩山新政権を支えていかなければなりません。 自公政権側は、民主党を中心とする野党政権に対する揺さぶりや、「政界再編」という名の切り崩しをかけてくるはずですから、われわれはその思惑を見抜いて民主党を中心とする新政権を徹底的に擁護しなければなりません。 総選挙に敗れた自公政権や読売・産経などの人々が民... [続きを読む]

受信: 2009年9月 2日 (水) 08時23分

« 民空概算要求 | トップページ | 新たな裁判 »