« 選挙の意味 | トップページ | 三次へ »

2009年8月20日 (木)

公務と選挙

 「現職市長が、一方の候補者の選挙カーに乗ってマイクを握り応援しているが、公務中ではないのか、選挙違反ではないのか」と言う声があちこちから聞こえてくる。
 多くの市民が相当の違和感を持っている。

 まず、仕事はどうしたのか。職員がみんな仕事をしているのに、昼間から選挙運動をしていていいのだろうか。いつ災害などの緊急事態が起こるかもしれない。市民生活を守るという仕事が一番大切なものであり、それを軽視してもらっては困る。平日にゴルフをやるのと大差ない。

 同じ視点で言えば、巷に失業者があふれ、新型インフルエンザも大流行し始めているこの時期に、総理大臣以下各大臣は、大切な任務を放り出して東京を留守にしていいのだろうか。

 また、市長は、市民全体のために、岩国市全体のために仕事をする立場であり、あまり一方に肩入れし過ぎるのは良くない。結果によっては、国との関係がぎくしゃくし、市政運営が円滑にできなくなるおそれがあり、市民にも大きな不利益を与えかねない。

 どんなに圧力を受けようと、首長たる者、市民のことを第一に考えれば、軽々に動くべきではない。政治的には中立の立場を維持すること、これが常識である。

人気ブログランキングへ

|

« 選挙の意味 | トップページ | 三次へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

わたくしは少しちがいます。橋本大阪府知事らが特定の政党の支持を表明することを批判するつもりはないです。それだけの現実があるから・・・ 
つまりは、それだけ地方分権がないがしろにされている現実があるということ。
だが、福田市長が公務中に特定の政党や候補者を応援する感覚と見識は批判されなければならない。マスコミもおおいに書くべきだと思うし徹底的に糾弾されていい。。
市民や職員も抗議しなければいけない。

投稿: KIM | 2009年8月21日 (金) 08時07分

井原さん、転覆していく自民党の最期の悪あがきを黙って見てやろうではありませんか…負け戦の最後のあがきを

投稿: | 2009年8月21日 (金) 19時35分

今日、岩国市内でタクシーに乗った。運転手さんは、今の市長や自民党の衆議院候補は、愛宕山を自由に使えるスポーツ施設に・・なんて
言っているけど、そんな簡単に市民が使えるはずもないのに、と言われた。
みんなわかっている、愛宕山を国に売ると言うことは、米軍施設と米軍住宅になるということを。
それなのに、あちこちの米軍住宅を見に行ってごまかしてばかりいる市長は、許せない。国に売るのではなく、防衛省に売るんだから米軍基地になることは明白だ。
前回の市長選挙のように、もう騙されないぞ!

投稿: デント | 2009年8月21日 (金) 20時55分

現市長が、自民党候補の選挙カーに乗っている。
秘書室に聞いたら、市長は用事がある時だけ市役所にいるので、今日は別段用事がないのでいません。どこにいるか知りません。と秘書が答えた。
常勤の市長が、どこにいるか知りませんとはどういうことか? そう答えるよう市長が指示して、選挙カーに乗っているのだろう。
愛宕山を守る市民連絡協議会が、再三市長に面会を求めているにもかかわらず、公務で忙しいと会ってくれないくせに、どうなっているのだろう?
みなさんは、これを読んですごくおかしいとは思いませんか?

投稿: EXILE | 2009年8月21日 (金) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45983448

この記事へのトラックバック一覧です: 公務と選挙:

« 選挙の意味 | トップページ | 三次へ »