« 総選挙 | トップページ | 公人としての立場 »

2009年8月31日 (月)

民空概算要求

 各省庁による来年度予算の概算要求が、31日までに財務省に提出された。9月から財務省の査定が始まり、年末には政府予算案として確定、来年1月末の通常国会に提出される段取りとなる。通常の年であれば、この概算要求を見ると、国の新しい政策や重要な事業の内容がある程度分かるが、今年は事情が全く異なる。

 昨日の選挙により政権が代わることになり、その第1党の民主党は、当然のことながら、旧政権下の今回の概算要求については、新政権ができれば大幅に見直すとしている。
 すでに執行されつつある今年度の補正予算についても、マンガ・アニメ館などムダなものが含まれているとして見直しが予定されているが、来年度の予算編成と併せて、ムダを省き、マニフェストに掲げる政策を確実に実施することができるか、早速、その「政治主導」の真価が問われることになる。

 国土交通省の概算要求には、岩国の民間空港に関する施設整備費が盛り込まれたという。3年計画で総事業費46億円と見積もられているとのことだが、報道を見る限りにおいては、21年度の予算額は明らかでない。
 これも、政権交代前の駆け込み要求であろうが、空母艦載機部隊移駐との完全な取引条件になっているものであり、本体と一緒に今後の見直しの対象になるものと思われる。

 また、近い内に、防衛省による愛宕山買い取りの予算計上という話も表に出て来ると予想されるが、こちらも、米軍再編との絡みで考える必要がある。

 友人の畑作りが始まる。人参やジャガイモ、コマツ菜など10種類くらいの野菜を植え、今から、鍋料理を作ると張り切っている。さて、どうなることか?

0830okazaki_2


人気ブログランキングへ

|

« 総選挙 | トップページ | 公人としての立場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカ軍の再編問題を抱える岩国で、民主党の平岡さんが当選したことは、私たちに大きな希望をもたらした。
平岡さんは、選挙中再編見直しを明言していた。そして、何より鳩山代表は、秋にオバマ大統領と会った時に、米軍再編の見直しを
話題にすると言っている。
これからの動きを注視し、市民の一人として声を出していくことに協力できればできるだけ頑張りたいと思う。
”再編見直しの会”ができないかなあ

投稿: おばま | 2009年9月 2日 (水) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46084671

この記事へのトラックバック一覧です: 民空概算要求:

« 総選挙 | トップページ | 公人としての立場 »