« 候補者アンケート | トップページ | 選挙事情 »

2009年8月28日 (金)

したたかさ

 ワシントンで、経済、政治、安全保障分野を含むアメリカと中国の閣僚レベルの米中戦略経済対話が始まり、冒頭、オバマ大統領は「米中関係が世界のどの2国間関係より重要だ」と述べ、地域安全保障では、「東アジアの核軍拡競争」との表現で、北朝鮮の核保有が日韓の核武装を促す危険を示し、米中いずれの国益ともならないとしたと伝えられている。

 これを聴いて、皆さんはどう思われますか。
 予想されたことではあるが、アメリカが中国を重視する姿勢が鮮明になっていること。
 そして、日韓の核武装は、米中両国の脅威であるとしている。
 これにはかなり違和感がある。もちろん、日本が核を持つなど考えられないことであるが、アメリカは、そうした場合も想定して、中国と協力して日本を抑える姿勢を示したことになる。要するに、日本は信用されていないようである。

 いわゆるアメリカの核の傘により日本は守られていると多くの日本人は考えているが、これも、日本の核保有を阻止するというアメリカの国益のためであると考える方が自然であろう。
 多くの米軍基地も、我々を守ると言うより、アメリカの国益のために存在していると言った方がいいのかもしれない。
 国益が激しくぶつかり合う国際政治の舞台で、終始アメリカ一辺倒では、いかにも心もとない。アジアでの立ち位置を明確にし、場合によっては、中国や韓国と連携してアメリカを牽制するしたたかさも欲しい。

 8月12日の草莽塾公開講座(マニフェストの比較)を、「You-tube」に載せました。ご覧下さい。

人気ブログランキングへ

|

« 候補者アンケート | トップページ | 選挙事情 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日韓の核武装が米中の脅威だなんて・・・
日本とアメリカのこの感覚の違いは何なんでしょう・・・wobbly

「アメリカの核の傘」にある日本の安全保障。
今の日本はアメリカにハシゴを外された状態sweat01
アメリカが日本のメディア世論を思い通りに動かし、以前は旧ソ・現在は北を 日本の脅威と思い込ませうまく操り、日本の膨大な軍事資金を流し込ませているのではないかとある記事に書いてあるのを読んでなるほどと思いましたflair

ふと思ったのですが、米中の接近は、露にとってどうなのだろう?eye
井原さんのおっしゃるとおり、中国、韓国、その他の国と協力し、アメリカの牽制すべきところは牽制もしなくてはならないと思います。

もっと日本は現状を知り、積極的にならなくちゃ!と思います。
You Tube 草莽塾公開講座(マニフェストの比較)のUPありがとうございますsign03

投稿: エリホイ族 長老 | 2009年8月29日 (土) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/46056809

この記事へのトラックバック一覧です: したたかさ:

« 候補者アンケート | トップページ | 選挙事情 »