« 市民集会 | トップページ | You-tube »

2009年7月 7日 (火)

草莽塾廿日市コース

 山陽本線宮内串戸駅近くの集会所で、草莽塾廿日市コースを開催した。最近の中央の政治の混乱は、政治の問題点をさらけ出しており、そうした例を引きながら政治のあるべき姿について語った。広島県で初めての開催であり、宣伝不足もあったのか、参加人数が少なかったことは残念であったが、その分、中身の濃い意見交換もできた。
 今週11日(土)13:30から、廿日市市商工保健会館交流プラザで、西部住民の会が主催するシンポジウムが開催され、私も講師の一人として参加する予定。
0707hatukaiti

 「総理の専権事項」だと言われている解散も、実は憲法上内閣の権限とされており、閣議決定が必要である。閣議は全会一致が原則であり、大臣が1人でも署名を拒否すれば成立しない(もちろん総理がその大臣臣を罷免して自ら兼任することも可能であるが、反対する大臣の人数によっては、人事権の行使も困難になる)。つまり、専権事項ではないのである。

人気ブログランキングへ

|

« 市民集会 | トップページ | You-tube »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45569911

この記事へのトラックバック一覧です: 草莽塾廿日市コース:

« 市民集会 | トップページ | You-tube »