« 万歳の意味 | トップページ | 選挙に向けて »

2009年7月22日 (水)

解散会見

 麻生総理の記者会見について。

 まず、自らの行為により国民に不信感を与え、政治に対する信頼を損ねたことに対する反省とお詫びから始まった。
 一個人であれば、率直で評価されるかもしれないが、一国のリーダーとしては謝って済むことではない、自らの政治により国民に不利益を与えれば、きちんと責任をとるべきである。

 その上で、景気回復や安心社会の実現、消費税の引き上げなどを3つの約束として掲げているが、現在の雇用不安や年金、医療不安などは、すべてこれまでの古い政治がもたらしたものであり、こちらの方の反省と今後の改革の方向性が示されなければ、説得力がない。

 記者会見を聴いて、我々は、麻生さんに対して夢と希望を託すことができるだろうか。

 草莽塾灘コースの最終日。議会が機能するよう、その構成を変える必要があるという強い意見がある。
0722nada

人気ブログランキングへ

|

« 万歳の意味 | トップページ | 選挙に向けて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

次の衆院選の党別予想獲得議席数をあっぷろーどしてみますた。
http://dennoza.blogspot.com/2009/07/forecast-about-next-election-of-lower.html

投稿: 犬笠銀次郎 | 2009年7月23日 (木) 02時09分

結局身近な所で言うと防府市長さんと一緒です後手後手で責任逃れの記者会見、やはりリーダーはたとえそれが失敗だったとしても全てを背負ってくれる覚悟と潔さが必要だなって思うのですが…当たり障りのないリーダーならもう要らないと言うべき時が来たと思います。

投稿: | 2009年7月23日 (木) 18時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45713747

この記事へのトラックバック一覧です: 解散会見:

« 万歳の意味 | トップページ | 選挙に向けて »