« 一般質問から(3) | トップページ | 友人と農作業 »

2009年7月 3日 (金)

米軍再編の見直しに向けて

 アメリカでは、海兵隊や議会に現在の米軍再編案に対する不満があり、岩国に関しても、NLPの恒久的訓練基地選定の目処が立たないことに対するアメリカ側の強い不満があると言われている。
 さらに、民主党は米軍再編の見直しを公言し始めており、これまで防衛省により一方的に押し付けられてきた今回の案について、もう一度原点に返って議論される可能性が高まっている。

 すでに沖縄では、6月26日、大学教授やジャーナリストら20人でつくる「政権公約で沖縄問題を取り上げるよう要求する会」が、普天間飛行場移設を含む米軍再編の是非をマニフェストで明確にするよう求める声明を発表し、各政党に送付している。

 政権交代の可能性を考えれば、ここ岩国でも、地域住民の切実な声が政党に届くように、何らかの行動を起こす必要があるのではないか。

 「草の根ネットワーク岩国」では、編集委員会を中心にして、現在「会報第3号」を作成中です。今月中には、会員の皆さんにお届けする予定です。

人気ブログランキングへ

|

« 一般質問から(3) | トップページ | 友人と農作業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45530276

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編の見直しに向けて:

« 一般質問から(3) | トップページ | 友人と農作業 »