« 一寸先は闇 | トップページ | 草莽塾第4期 »

2009年6月28日 (日)

地方の乱?

 地方分権には私も賛成である。しかし、橋下大阪府知事の動きには疑問がある。知事や市長の立場であれば、国が権限と財源を握り、地方は補助金をもらうためにいかに汲々としているか、誰でも知っている。従って、首長が地方分権を叫ぶのは当然であり、知事会や市長会、個人でもどんどん行動すればいい。
 しかし、首長が連名で、地方分権をマニフェストに入れるよう各政党に要求し、その結果によって特定の政党を支持することを明確にするというやり方には、かなり違和感がある。
 まず、政治は、内政、外政に山積する課題にどのように対応するかによって総合的に判断すべきであり、地方分権だけで選択することは適当でない。
 また、首長は、無所属で当選している場合が多く、市民、県民全体の立場で行動すべきである。特定の政党に与することは、有権者を裏切ることになる。

 「俺を総理大臣にしろ」という東国原宮崎県知事の要求にも驚かされる。確かに絶大な人気があるが、それだけで総理の任に堪えうると思っているのだろうか。国政に強い意欲があるのであれば、条件などつけずにさっさと立候補し、一議員として活動することから始めればいい。後は、本人の実力次第であろう。

 松元ヒロのソロライブがあった。時の政治情勢を笑いに載せて鋭く切り、底には深い人間愛がある。ヒロさんの神髄に触れたような気がする。昨年は全国で、岩国の住民投票も題材に取り上げていただいた。

0628hiro

人気ブログランキングへ

|

« 一寸先は闇 | トップページ | 草莽塾第4期 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

地方分権のこと、地方の乱のこと、井原さんのお考えをお聞きしたいと思ってました。
井原さんの、地方分権に賛成の意見ながらも、地方分権だけを選択するのではなく、内政と外政の課題の対応で全体を見てから判断するべきというお考え、なるほどと思いました。

橋下大阪府知事と東国原宮崎県知事、大きな存在感だなと思います。私は宮崎県知事を講演会でナマで見たことがあります。政治のこともしっかり勉強されているんだなと思ったし、独特の魅力的なユーモア溢れる話し方が素晴らしかったです。それから親しみを覚え、応援したくなる気持ちになりました。
私は、宮崎県知事の、地方分権への思いや、力強い改革を期待してました。
しかし、宮崎県知事の今回の騒動で、「任期の途中で国政参加に意欲?宮崎県知事として最後まで頑張って欲しいな・・」など思いながらこの報道を見てました。以前から、東国原知事のブログからも時々国政志向なのではと思うことがあり、気になってました。

橋下知事の、地方分権をマニフェストに入れるよう各政党に要求し、結果によって特定の政党を支持するというやり方は、結局は有権者を裏切ることになってしまうのですね。

自民党選対委員長が宮崎県知事に急きょ衆院選出馬要請されましたが、自民党のプライドは無くなったのかと思ってしまいました。

最近、ブログが写真つきになりましたね!更にイメージしやすくなりました。

“松元ヒロさん、井原さん、これからも頑張ってください☆”

投稿: エリポビタンD | 2009年6月29日 (月) 09時51分

こんにちは

森田実さんの所でご挨拶した春田と申します。
今日、また橋下が「勘違い」発言に対して吠えました。私は井原さんが書いておられるように
橋下知事が[勘違い]だと思います。

私のブログにそれら記事と共に、井原さんのこの記事をご意見として紹介させて下さい。

http://0316haruta.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/07/post_b083.html

投稿: 春田 | 2009年7月 7日 (火) 16時47分

 春田さんへ

 了解しました。誰であれ、筋の違うことははっきり指摘する必要があります。ご自由にお使い下さい。

投稿: 井原勝介 | 2009年7月 8日 (水) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45484619

この記事へのトラックバック一覧です: 地方の乱?:

« 一寸先は闇 | トップページ | 草莽塾第4期 »