« 口利き・あっせん | トップページ | 市民集会 »

2009年6月 6日 (土)

米軍再編の見直しも

 米議会上院軍事委員会の公聴会で証言したアメリカ海兵隊コンウェイ総司令官によると、
現行の普天間基地の移設案で十分な機能を確保できるか、海兵隊員8000人のグアムへの移転経費が当初見込みより増加するなど、なお問題を抱えており再編計画を修正する可能性も排除しないとのこと。

 外務省や防衛省はこれまで一貫して「米軍再編は日米で合意したものであり、修正することはできない」と説明してきたが、相手方から見事にひっくり返された形になった。あくまで計画であり、お互いに必要があれば、見直しの協議を行うのは当たり前のことである。アメリカに遠慮してものが言えないというのではあまりにも情けない。政権交代があれば、地元の意向なども踏まえながら、再編全体の根本的再検討も行うべきである。

 「地元の理解がなければ基地の安定的運用はできない」というのが、アメリカ軍の基本的考え方であり、今後、政治、軍事の動きを見ながら、住民の切実な声を日米両政府に届ける努力をする必要がある。

 岩国でも、そろそろ「定額給付金」の支給が始まっているようだ。とても趣旨には賛同できないので、私は受け取りを拒否したが、受け取った給付金をそのまま「草の根ネットワーク岩国」の活動に役立てて欲しいと言って寄附された方がある。大変ありがたく、そのお気持を大切にしなければならない。

人気ブログランキングへ

|

« 口利き・あっせん | トップページ | 市民集会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45258556

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍再編の見直しも:

« 口利き・あっせん | トップページ | 市民集会 »