« 陳情 | トップページ | 犠牲者 »

2009年6月15日 (月)

サビエル高校

 山陽小野田市の小高い丘の上にあるサビエル高校は、50年近くの歴史を持つカトリックの学校であり、県下各地から生徒が集まっている。平和学習にも力を入れており、今年は沖縄への修学旅行なども計画されているという。その平和週間の最終日の今日、講師として招かれた。
 全校生徒200人余りと保護者や市民の皆さんを前に、岩国の問題を中心にしながら話をする。
 「一番大切なものは個々のひとであり、その平和で平穏な生活であること、それを実現するためには、一人ひとりの意思が尊重され民主主義が活かされるよう政治や社会の仕組みを変える必要があること、そして、大人ではなく若者が自由で責任を持って判断し行動すれば必ず変えることができる。」

 高校生たちが何に関心を持っているのかよく知らない中で、どのような話をしたらいいのかいつも緊張する。しかし私は彼らの純粋で素直な心持が好きである。驚くほど理解し反応してくれることもある。
 講演が終わった私を、突然女子生徒4人が訪ねて来て、感じたことなど率直にぶつけてくれた。彼女たちの思いがけない行動に押されながらも、少しでも気持ちが通じたことが嬉しい。

0615sabieru1

人気ブログランキングへ

|

« 陳情 | トップページ | 犠牲者 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

昨日は素晴らしい講演をありがとうございました(・ω・)
平和こそが一番の幸せであることがわかり、とても為になりました(^-^)
岩国を守るためにこれから先も頑張ってくださいdelicious またいつか井原さんの講演を聞いてみたいです☆

投稿: サビエルの男子生徒 | 2009年6月16日 (火) 15時58分

 先日は サビエル高校に来ていただき
ありがとうございました。  僕には米軍基地についての辛さは
わかりませんが、井原さんの話を聞いてすごくわかりました。

国民の力では対処できない米軍基地を どうすれば良いのでしょう・・・・

井原さん 大変だと思いますが、がんばってください!!

投稿: サビエル一年生 | 2009年6月16日 (火) 16時22分

 熱心に聴いてくれてありがとう。
 サビエル高校の素晴しい生徒たちと交流できたことは、私にとっても大変嬉しいことでした。
 また、どこかで会いましょう。

投稿: 井原勝介 | 2009年6月17日 (水) 00時36分

平和学習にも力を入れている素敵な高校ですね!

純粋な心を持つ高校生たちが熱心に興味を持って聞き、自分なりの考えを持っておられるんだなと思い、感心しました!

最近の高校生ってすごいなぁheart01

投稿: エリ王山 | 2009年6月18日 (木) 08時38分

子供が生き生きと井原勝介さんの講演の、内容を教えてくれました。サビエル高校入学したことによって視野が
広がり、平和について語る子を見ながらサビエルに入学させて良かったなと、今回一層感じました。また、色々教えてあげて下さい


投稿: サビエル一年の親 | 2009年7月 6日 (月) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45354055

この記事へのトラックバック一覧です: サビエル高校:

« 陳情 | トップページ | 犠牲者 »