« 草莽塾第4期 | トップページ | 鳩の正義 »

2009年6月11日 (木)

民間空港

 7回目の市民集会を灘地区で開催した。先日からパワーポイントの映像と携帯マイクを使い説明しているが、ようやく機器の操作にも慣れてきた。参加者にも概ね好評であり、今後とも、わかりやすい説明を心がけたい。
 質疑応答の時間に必ず出てくるのが、民間空港の問題である。赤字になったら誰が負担するのかと心配する声が断然多い。
 今月初めに難産の末開港した静岡空港は、初年度から多額の赤字が見込まれ、一部の路線では、搭乗率が70%を下回った場合、1%につき約3800万円を県が航空会社に支払う「搭乗率保証」が行われるという。
 岩国の場合、国と県のどちらが運営主体になるのか、施設整備経費はどのように分担するのか、さらに赤字になった場合にはどこが負担するのか、など肝腎なことが何も決まっていない。県と市は、すべて国に負担してもらうとのんきなことを言うが、そんな保障はどこにもない。単なる希望的観測ではなく、少なくとも、こうした重要な点を明確にした上で、議会や市民にきちんと説明し理解を求めるべきである。
 空港ができれば「ミニバブル」になるなどという一部の有力者の幻想に付き合わされ安易な選択をしてしまったら、大きなお荷物を抱え込むことになりかねない。あの「内部協議資料」にあるように愛宕山の米軍住宅化と民間空港を取引するなどとんでもないこと。
0611nada

人気ブログランキングへ

|

« 草莽塾第4期 | トップページ | 鳩の正義 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

パワーポイントを井原さん御自身が操作され、分かりやすい説明を心がけておられるのですね。
細かな心配り、そして一回一回の講義(集会)を心を込めて行っておられるんだなといつも思います。参加されているかたも熱心で、こうして集会に足を運び参加されるってすごいことだなぁといつも思います。
数年前になるのですが、「民間空港によるミニバブル♪」を議員さんから直接聞いたこともあり、見事に信じていた一人です。いや、私の元職場の同僚も信じていた!「民間空港なしでやって行かれないよね」っていう話をウンウンと言いながら聞いていた気がします・・。もっと早く真実を知りたかった!肝心なことが決まっていないのに、愛宕山の米軍住宅化と民間空港を取引が行われようとしているとは・・・。
本当に井原さんの開かれる集会や草の根ネットワーク、このブログが頼りです。本当に感謝してます。

そういえば、12日午後のニュースで知ったのですが、今日は鳩ポッポがどこかへ羽ばたいて行ったとか・・・。なんかこういうことが多すぎる気がします。

"カツ"じゃっ!

投稿: エリザ鳩左衛門 | 2009年6月12日 (金) 18時10分

民間空港が「ミニバブル」に過ぎないってことを市議さんや有力者さんもわかってらっしゃるってことですよね。
バブルは必ずはじける訳ですから、その後どうなるかを教えていただければ、良いのです。

まぁ彼らは、その「バブル期」に存分に甘い汁を吸えれば、はじける頃にはケセラセラってことなのかもしれませんが・・・

投稿: kikenjio | 2009年6月14日 (日) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45312567

この記事へのトラックバック一覧です: 民間空港:

« 草莽塾第4期 | トップページ | 鳩の正義 »