« 怪文書 | トップページ | むかご »

2009年5月11日 (月)

小沢代表辞任

 小沢代表が突然の辞意表明。街頭でインタビューを受けた人が異口同音に「・・・もう少し早く辞めるべきだった」と。
 私も同感である。秘書の逮捕に端を発し、西松建設との深い関係が明らかになった。説明責任を果たすと言っても、一般感覚からすれば、とても納得できるものではなく、いずれ辞めることになるだろうと多くの人が思っていたのに、ここまで引っ張ったのは、やはり政党の感覚がずれていたのではなかろうか。

 それにしても、最大野党の党首であり、選挙結果によっては次の総理大臣と目されていた人が突然辞任する破目に追い込まれる。政権の側でも、現職の総理が毎年のように簡単に辞めていく。理由はどうあれ、本来トップに座るべき人材ではなかったのでは、政党の中でリーダーを選ぶ仕組みがうまく機能していないのではなかろうか。
 端的に言えば、派閥の力関係、親の七光、選挙のうまさ、お金などによってトップを選んでいたら、いつまで経っても同じことが繰り返される。
 言うまでもなく、政党は私的団体ではない。そのトップは国を動かす地位に就く可能性のある重要なポストである。そこに要求されるものは、識見や能力だけでなく、公私にわたる高度な倫理性、強靭な精神力・・・、人格や人間性そのものでなければならない。

 政治が動くことになるが、麻生さん、混乱に乗じて「解散」などと悪乗りしないでしょうね。

人気ブログランキングへ

|

« 怪文書 | トップページ | むかご »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44984721

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表辞任:

« 怪文書 | トップページ | むかご »