« 世襲 | トップページ | もはや、黙っていられない!(2) »

2009年5月24日 (日)

柱島買物ツアー

 岩国から高速船で40~50分、瀬戸内海に浮かぶ柱島(はしらじま)。100人を超える人たちと一緒に、漁協などが企画する「買物ツアー」に久し振りに参加した。
 タイやチヌ、メバルにイカ、そして名物のタコなど新鮮な魚が勢ぞろい。特産である柔らかいヒジキやトコロテンなども並ぶ。どれも信じられないくらい安い。たちまちの内にあちこちのテントの前に黒山の人だかりができ飛ぶように売れていく。こういう時に男はほとんど役に立たず、荷物運びに徹する。
 お昼を食べ抽選も終わって、抱えきれないほどの大きな収穫を手に帰りの船に乗り込む顔は、一様に満足感にあふれている。
 端島(はしま)、黒島(くろしま)も含めて3島の人たち総出でお世話をしていただく。本当に親切で温かい島の人たちの元気な姿に触れることができたことが、私にとって何よりの収穫であった。0524hasira2

人気ブログランキングへ

|

« 世襲 | トップページ | もはや、黙っていられない!(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

柱島!
私は20年ぶりに行きました。
お友達から定員が満員になっていないから!と頼まれ、たまたま24日は時間が空いていたので参加しました。
思いもかけず井原さんに会えて、元気な姿に安心しました。前と変わらず淡々とさわやかで、今でも岩国を愛している姿、みんなから声をかけられ愛されている姿を見てうれしかったです。
島のみなさんの温かいもてなしにもすごく感激し、新鮮なお魚をたくさん買って、日曜日をボーッと過ごさなくてよかったです。
島を離れる時、”このところ、飛行機がすごくうるさくなったんで!”と言った島のおじさんの言葉が忘れられない。

投稿: お魚君 | 2009年5月25日 (月) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45119827

この記事へのトラックバック一覧です: 柱島買物ツアー:

« 世襲 | トップページ | もはや、黙っていられない!(2) »