« 情報公開クリアリングハウス | トップページ | 農業支援 »

2009年5月16日 (土)

若者へ

 女子大で話をする機会を得た。テーマは「大切なもの」。
 我々にとって大切なものは、一人ひとりが安心して生活できることであり、そのために働くのが政治の役割であるが、その政治が機能せず、逆に福祉が切り捨てられ、国民に負担が押し付けられようとしている。
 こうした政治を変えるためには、一人ひとりが、自立した市民として政治に向き合い、選挙の際の自由に投票する権利を大切にすること。圧力やお金で絶対に譲り渡してはならない。
 一人ひとりが変われば、必ず政治は変わる。
 「日本はどうしたら守ることができるのか」「国との対立の中で私が頑張ることができる理由は」など、多くの質問も出された。
 みんな熱心に聞いてくれ驚いた。少しでも、彼女たちが政治に目を向けるきっかけになれば嬉しい。

 民主党の新しい代表が決まった。一刻も早く党内をまとめ、マニフェストを発表し、選挙に向かう体制を整えて欲しい。与野党とも、党内対立や不祥事などで選挙の行方が左右されてはあまりにも淋しい。理念と政策をめぐって堂々たる議論が展開されることを期待したい。

人気ブログランキングへ

|

« 情報公開クリアリングハウス | トップページ | 農業支援 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45035092

この記事へのトラックバック一覧です: 若者へ:

« 情報公開クリアリングハウス | トップページ | 農業支援 »