« 党首討論(2) | トップページ | 草莽塾公開講座 »

2009年5月30日 (土)

第1回市民集会

 もはや黙ってられない!「真実」を知る市民集会の第1回目を室の木中供用会館で開催した。私からは、「真実が岩国の未来を拓く」をテーマに次のような内容につき話をした。参加者約40人、熱心な意見交換をすることができた。不信と対立ではなく信頼と和解により心を一つにして基地問題をめぐるこの困難を乗り越えるために、『「真実」を知り、岩国の未来をともに考えようではないか』という世論を喚起していきたい。
 第2回市民集会は、6月3日(水)14時から、にしみ苑で開催される。

ー真実が岩国の未来を拓くー

 もはや、黙っていられない!
1.「内部協議資料」は、情報公開審査会の一部開示の答申を無視して全面非開示(4.23)
条例19条「情報公開審査会の答申を尊重する」に違反
条例第7条第5号の非開示情報に該当せず、条例違反
2.「内部協議資料」が本物であることが証明された
審査会答申の一部開示部分(ページ数や内容)と内部協議資料を照合すれば、すべて完全に一致。
 内部資料の内容 ・愛宕山の米軍住宅化と民間空港を取引する
         ・8月の山口県知事選挙までは封印
3.愛宕山開発事業廃止手続きの違法性
昨年5月以降の住民説明会、市と県の都市計画審議会、議会などで、
「用途を決めないで国に買い取りを要請しているが、国からはまだ返事がない」と繰り返し説明しているが、すべて偽り。
4.空母艦載機部隊の受け入れも事実上容認
 受け入れを認めることが絶対条件である庁舎補助金や「再編交付金」をもらっている。
市民の「知る権利」は、民主主義の基本。
大切な情報が隠されたまま、岩国の将来が決められようとしている。
 このままでは、行政不信が高まり、市民の対立も深まる。この危機を市民が心を一つにして切り抜ける方法は、ただ一つ。「真実」に立ち返ること。
「真実」を知り、意見や立場の違いを乗り越えて、ともに岩国の未来を考えようではないか。
  「虚偽は不信と対立を生み、真実は信頼と和解をもたらす」

0530muronoki

人気ブログランキングへ

|

« 党首討論(2) | トップページ | 草莽塾公開講座 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

岩国市の基地対策課では、4月に他部署から異動してきた職員の耳にたこが出来るくらい、”岩国市は厚木の艦載機の受け入れを容認はしていない、市長もまだ容認していない”と言うよう毎日上司が言っているらしい。
”うそ”をつくと、ずっと嘘を言い続けなければならないし、うそがどこかでばれないか、びくびくしながら仕事をしなければならない。市長を筆頭に、うそつき集団になってしまった岩国市役所。 ひどい政治が、わが岩国市では日々行なわれている。
悲しいばかりだ。

投稿: あんこ | 2009年5月31日 (日) 21時53分

 厚木からの米空母艦載機59機が来れば、米海兵隊岩国基地は今の倍以上の軍用機を抱えるアジアにおける米軍の最大の出撃拠点になります。
 同時に、厚木からの艦載機移転に伴なう家族住宅及び基地内外の様々な米軍のための施設も莫大な日本の血税を費やして作られることになります。
 これらのことが実現すれば岩国市及び周辺の街の様相は一変します。
 基地周辺で繰り返される米兵による事件・事故。その尻ぬぐいさえ、日本の血税で賄われている現実。
 そのようなことがどれだけの方々にどのように理解されいるのかと思います。
 内部文書でも明らかになったように、国・県・市は市民の目をそらし、知らぬ存ぜぬといいながら、米軍再編を着々と準備しています。
 民主主義のかけらもない今の政治の現実。
 まずは、市民に正確な情報を伝え、市民の中からの議論及び行動を促し、下からの民主主義を作りあげていく必要があると思います。
 そして、最終的には多くの方々が一堂に会して、主張する・行動するなどの直接の民主主義こそが今の閉塞した政治の現実を変えていく力になると信じています。
 頑張ってください。微力ながら応援します。

投稿: ふる | 2009年6月 1日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45182225

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回市民集会:

« 党首討論(2) | トップページ | 草莽塾公開講座 »