« 鳩山体制 | トップページ | もはや、黙っていられない! »

2009年5月19日 (火)

橋下知事

 国の直轄事業負担金問題で国土交通省に噛みついていたかと思うと、今度は、第2名神高速道路の早期着工の陳情に出かける。橋下大阪府知事も忙しい人である。
 第2名神は、すでに他の高速道路が並走してるので効果が少ないとして、3年前に凍結になっているもので、先月末の「国土開発幹線自動車道建設会議(国幹会議)」で、最近の経済対策に便乗して、東京外郭環状道路(外環道)など4区間の建設が急に決定された際にも、その対象から外れていた。
 「一度建設が始まったら見直しはしないというのもおかしいが、一旦凍結になったらその見直しもしないというのもおかしい」橋下知事の言である。
 一方では改革を唱えながら、一方では旧態依然とした地元への利益誘導に奔走する。良く見られることではあるが、ご都合主義と言われても仕方がない。
 無駄を省き行政改革を断行するという姿勢を貫いて欲しいものである。

 先日の文教女子大での講義の際の写真をいただいた。
0516bunkyo6_2 0516bunkyo4

人気ブログランキングへ

|

« 鳩山体制 | トップページ | もはや、黙っていられない! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/45068157

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下知事:

« 鳩山体制 | トップページ | もはや、黙っていられない! »