« 新型インフルエンザ | トップページ | 小沢代表辞任 »

2009年5月10日 (日)

怪文書

 またまた怪文書が出回っているようなのでご注意ください。怪文書たるゆえんは、まず、連絡先が書いてないこと。中身に責任は取らないということであろう。
 主なの項目だけ挙げてみる。

 愛宕山への米軍住宅建設に反対すると、
 ・財政赤字が市民に大きな負担をもたらす、国病の移転も危ない
 ・米軍家族住宅建設反対は人種差別
 ・米軍を排斥して日本の国は守れない
 とのこと。

 支離滅裂で一々コメントする気にもならないが、注目すべきは「愛宕山への米軍住宅建設に反対するな」と明確に訴えていることである。
 つまり、米軍住宅化をひた隠しにしている山口県や岩国市のその隠された意図を、この団体が白日の下にさらしてくれていることになる。
 さらに、5月7日付のこの欄でも触れた第2の愛宕山署名を行っている団体と今回の怪文書を出している団体の主要メンバーは重なっている。即ち、今出回っている署名の意図も、巧妙に隠されてはいるが、米軍住宅建設にあることを間接的に証明している。

 また、NPO法人の名で、このような政治的ビラを配布することが許されるのであろうか、県に確認する必要がある。
 私の名前を勝手に使い誹謗中傷しており、名誉棄損にも当たるのではなかろうか。

 それにしても、名誉も地位もある人たちが、署名や怪文書により市民をだまして平気なのだろうか。岩国のために良かれと思ってやっているのであれば、どうして正々堂々と語れないのであろうか。淋しい気がする。

人気ブログランキングへ

|

« 新型インフルエンザ | トップページ | 小沢代表辞任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の怪文書にはNPO法人とその名称があるだけで、ご指摘の通り連絡先などその所在を示す内容はありません。まったく無責任なやりたい放題のものです。

NPO法人を設立するには幾つかの要件があります。そのなかで今回の怪文書には幾つかの反則、次の2項目には明確に反する(私見)と考えます。

 ・特定非営利活動を行なうことを主な目的とする
 ・特定の政党・議員・候補者への推薦・支持・反対を目的としないこと

怪文書作成元の責任者や活動目的の詳細が不明ですが、書いてある内容から場合によっては「構成員のための利益追求ではないこと」の要件にも反するのでは、と思います。

真摯なNPO活動している団体にとって、怪文書を発行するなどは迷惑きわまりありません。

投稿: 清流 | 2009年5月11日 (月) 08時32分

怪文書は私のうちにも入っていました。なにやら聞いたことのないNOP法人名が書かれていましたが、文章の内容を見る限り
NPO法人とは思えません。暴力団対策法で法人成りしたところだろうな、、、と思えてしまいました。
もしこれがほんとにNPO法人なら、やはり日本は利権とヤクザと政治献金で腐敗した人たちが権限を握る社会に成り下がった
と言えるのかもしれません。

投稿: 名無し | 2009年5月11日 (月) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44974355

この記事へのトラックバック一覧です: 怪文書:

« 新型インフルエンザ | トップページ | 小沢代表辞任 »