« 内部協議資料(6) | トップページ | 信州諏訪 »

2009年5月 2日 (土)

轟音

 土曜日の早朝、突然、空を突き破るようなものすごい音が轟き渡り、寝ているどころではなくなった。体に直接響き、震えるような感覚である。防音工事など何の役にも立たない。
 5月5日は恒例の米軍基地開放日。人口をはるかに超える20万人以上の人が、遠方から押し寄せ、市内の交通は完全にマヒ状態になる。今年は、私も、北海道からはるばるやってくる若者達を案内して中に入る予定。
 当日行われる曲芸飛行の練習が早くも始まったのであろうが、どうしてあんなに朝早くから飛ぶ必要があるのだろうか、無神経ぶりに怒りがこみ上げる。

 昨日は、鹿児島からのお客を案内して、今津川の下流、基地近くまで行ってところ、丁度、機体に大きく「WORLD」と表示された大型の旅客機が着陸した。後でニュースで知ったことだが、シアトルから横田飛行場に着いた米軍チャーター機の乗客の中から、新型インフルエンザの疑いのある米国人乳児が見つかり、そのチャーター機は検疫後、岩国へ向かったという。
 軍用機だけでなく民間機も直接アメリカとの間を行き来しており、目に見えないウィルスの窓口がすぐ近くに開いている危険を感じる。フェンスの中といえども、基地従業員を初め千人を超える日本人が毎日出入りしており、その人達や市民の守るためにはアメリカ側任せではなく、岩国市や山口県の責任ある対応が必要である。

人気ブログランキングへ

|

« 内部協議資料(6) | トップページ | 信州諏訪 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

久しぶりに岩国に帰って私もあの轟音を聞きました。
「ゴー」というよりも「バリバリバリ」という音ですごかったです。
岩国のかたたちは朝からあの音を聞いているだなんて大変だなと思います。
そういえば買いものに行ったとき、以前より多くの外国人を見た気がします。アメリカのかた達だと思いますが、増えたのかな?たくさん出会うので驚きました。
「新型インフルエンザが問題になっている中、米軍基地のイベントは通常どおり行うんだね・・」と一緒にいた友人と話してました。

投稿: エリツィーン | 2009年5月 4日 (月) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44875805

この記事へのトラックバック一覧です: 轟音:

« 内部協議資料(6) | トップページ | 信州諏訪 »