« 北朝鮮騒動 | トップページ | 追加経済対策 »

2009年4月 7日 (火)

愛宕山署名の提出

「愛宕山を守る市民連絡協議会」のメンバー10人余りが上京、15時から衆議院第2議員会館で開催された「沖縄等米軍基地問題議員懇談会」(会長 鳩山由紀夫)に出席、その場で愛宕山の米軍住宅化に反対する11万人を超える署名を防衛省に提出した。
 すでに米軍住宅用地の有力な候補地と明言している防衛省が買えば、米軍住宅と関連施設、フェンスで張られた治外法権の米軍基地ができることは確実である。基地の中を一般道路が走れば警備上重大な問題になるとする国の強い意向を受けて、愛宕山開発事業で計画されていた幹線道路が廃止されたことがそれを如実に物語っている。
 同様に国に売るためには邪魔になるとして、住民が何百年も利用してきた里道までも、住民に何も説明せず岩国市が一方的に廃止してしまった。
 住民が一番心配している米軍住宅化という目的を隠したまま防衛省に売り飛ばそうとする山口県や岩国市のやり方を絶対に許してはならない。
 11万人という署名に込められた民意を、県や市、そして防衛省は重く受けとめるべである。
 市民の皆さん、そして全国の皆さん、ご協力ありがとうございました。戦いはまだまだ続きますので、今後ともよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

|

« 北朝鮮騒動 | トップページ | 追加経済対策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44600396

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山署名の提出:

« 北朝鮮騒動 | トップページ | 追加経済対策 »