« 愛宕山署名の提出 | トップページ | 追加経済対策(2) »

2009年4月 8日 (水)

追加経済対策

 10兆円、15兆円などと「景気」のいい話が飛び交っている。ここまで経済が冷え込み、失業者が巷に溢れるような状況では、政府の財政出動によってお金を回すということももちろん大切な手段である。しかし、一方で国は約570兆円(一般会計)もの借金を抱えており、無駄遣いをする余裕はないことも頭に入れておく必要がある。
 あのバブル崩壊後、やはり経済対策として何度も補正予算が編成され、公共事業が大幅に積み増しされた。私もよく覚えているが、予算を削ることが仕事のはずの大蔵省から、予算を使ってくれと頼まれたことも。しかし、経済はもっと大きな構造的問題を抱えていたから、簡単に景気回復はせず、借金だけが積み上がっていった。
 こうした経験を生かすとすれば、無駄遣いは許されず、成長分野に効果的な投資をすべきである。各省の思いつきの寄せ集めや定額給付金、・・・手当などのばらまきでは、決して経済の回復にはつながらない。

 慣れない鍬を取り、久しぶりに農作業に従事。色とりどりの花と淡い緑、鶯のさえずりも楽しみながら、心地よい汗をかく。
0407hizumi

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山署名の提出 | トップページ | 追加経済対策(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

井原様、そのお姿もとてもカッコイイです。
人間の原点なのですよねsun
自然を感じ土と対話して、お百姓さんです。
政治家の方も、人民と対話して欲しいなって思います。

投稿: ふさ | 2009年4月 9日 (木) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44612723

この記事へのトラックバック一覧です: 追加経済対策:

« 愛宕山署名の提出 | トップページ | 追加経済対策(2) »