« 愛宕山の活用 | トップページ | 子供たちと »

2009年4月21日 (火)

NLPの通告

 原子力空母ジョージ・ワシントンの艦載機部隊が4月27日から5月8日まで、硫黄島で夜間離着陸訓練(NLP)を実施する予定であるが、悪天候でできなかった場合の予備施設として、岩国基地など4カ所が指定された。
 すなわち、5月5日から10日までの間にNLPが岩国で実施される可能性があるということ。
 夜間離着陸訓練(NLP)は、空母が長期間停泊したのち出港する際に必ず行われるもので、火災の修理もあって12月以来半年間にわたって横須賀に滞在していた原子力空母ジョージ・ワシントンが、まもなく出港するようである。
 昨年、岩国市は、米軍再編に関する安全・安心対策として「NLPや事前集中訓練」を実施しないよう求め、体よく断られている。今後も、空母艦載機部隊による激しい訓練の被害をまともに受けることになる。

 市外から、ありがたいお便りをいただいたので、ご紹介する。

『若葉萌え出ずる頃となりました。
「草の根」の会との出会いで、今の私の一つの居場所、学びの場となっていますこと、感謝申し上げます。
 私は、微力の上、何も出来ませんが、同封のもの、少しの気持だけですが、お受け取り下されば幸せです。
 このお金は、私の主人からの申し出です。
 今回の「定額給付金」です。
 このお金を生きたものにしたかったのです。
 そのように使えること、嬉しく思います。
 ありがとうございました。』

人気ブログランキングへ

|

« 愛宕山の活用 | トップページ | 子供たちと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44747294

この記事へのトラックバック一覧です: NLPの通告:

« 愛宕山の活用 | トップページ | 子供たちと »