« 草莽塾 | トップページ | 「記憶にございません」 »

2009年3月 8日 (日)

周防大島講演

 「大島の静かな空を守る会」のお招きで、周防大島小松の文化センターで講演を行った。趣旨は次の通り。
 米軍住宅化をひた隠しにして愛宕山開発事業を廃止することは、法律の趣旨に反することであり、周辺住民の不信感はますます高まっていること。
 民間空港に関する河村官房長官の発表には、米軍再編と一体であることが強調されているが、経費の負担や赤字の場合の責任分担などが一切記載されておらず、何も進展がないことは明らかであること。
 そして、米軍再編は沖縄も含めてほとんど進展しておらず、内外の政治情勢の変化を考えれば、必ず阻止することができること。
 また、未曾有の経済危機の中で、我々の生活を守るためには、政治の根本的変革が必要であること。

 そのまま、旧東和町平野の古民家を見学した。百年以上前に建てられた家を岩国の大工さんが再生したもので、柱や梁、建具など古いものを活かしながら、見事に現代の住まいとして蘇っている。訪れる人をわくわくさせる雰囲気を持っており、こんな家に住んでみたいものだ。

 帰途、講演でお世話になった下田(しただ)の藤村さんのお宅にお邪魔し、伝統料理のお茶粥をご馳走になる。

人気ブログランキングへ

|

« 草莽塾 | トップページ | 「記憶にございません」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

もう一歩歩み寄った解決策は無いのだろうか?反対派はまるで鎖国の様だし、賛成する者は小沢さんの様な大きな利権がみえみえだし。今一度話し合いが必要である

投稿: | 2009年3月 9日 (月) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44287382

この記事へのトラックバック一覧です: 周防大島講演:

« 草莽塾 | トップページ | 「記憶にございません」 »