« 政治とカネ | トップページ | 財政 »

2009年3月21日 (土)

ETC

 経済対策の一つとして、昨日から一部の高速道路で料金割引が始まり、東京湾横断道路や瀬戸大橋は多くの車で混雑しているとのこと。
 多額の経費をかけて無駄なものをつくった典型だと思うが、その上高くて利用されないとあっては、何の役にも立たない。確かに安いことはありがたいことだし、利用者が増えることもいいことであるが、どうしても釈然としないことがある。
 なぜ、休日の乗用車だけなのか。経済効果という点では、むしろ平日のトラックなどを対象にすべき。
 なぜ、ETCをつけている車だけなのか。広く対象にすべきではないか。
 どこまで行っても千円というのはあまりにも破格であり、一見いい様に見えるが、後で負担は国民に廻ってくることになる。
 国土交通省の思いつきでできた政策であろうが、経済対策に名を借りた、選挙目当てのバラマキと人気のなかったETC普及策、そして、ETCを扱う「財団法人高速道路交流推進財団」(天下りも受け入れている)の事業拡大を狙ったものではなかろうか。
 あまのじゃくなのであろうか、どうも素直にETCをつける気がしない。

 「海と山と川を愛しています。そして、岩国に住む、生きる、すべての生き物を愛しています」というコメントをつけて、「草の根ネットワーク岩国」にご寄附をいただいた。私もまったく同じ想いであり心を動かされた。お名前だけでご連絡ができないので、ブログを通じてお礼を申し上げたい。

人気ブログランキングへ

|

« 政治とカネ | トップページ | 財政 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44424330

この記事へのトラックバック一覧です: ETC:

« 政治とカネ | トップページ | 財政 »