« なし崩しのソマリア派遣 | トップページ | 騒音 »

2009年3月16日 (月)

稀な記事

 少し長くなるが、ある新聞記事を紹介する。
「米軍岩国基地の軍民共用化が2012年度実現に向け大きく前進した。・・・が、共用化は米軍再編に伴う岩国基地への空母艦載機移駐を地元が容認する「見返り」。・・・
 岩国の経済界は、「悲願がかなう。・・・」と歓喜した。
 しかし、二井知事は、「民間空港実現に向け前進と考える」と淡白なコメントだけ発表。取材には応じず対照的な反応を見せた。政府方針には具体的な空港整備方針が示されていない反面、「米軍基地の安定的使用」という文言が強調され、「素直に喜んでいいのか思案した」ためだ。・・・
 ・・・二井知事は、愛宕山開発用地を「米軍住宅に転用するなら売らない」と言う。が、これが知事の本心と考える関係者はほとんどいない。①国は目的を定めずに土地を買い取る。②その後、米軍住宅建設を決定した際は国の責任で住民の説得を・・・というのが県の立場だ。
 国の予算制度で目的を定めず百億円規模の歳出を組むことはできない。国もまた、知事の発言と内心が異なっていることを熟知しているからこそ買取りに応じる。そんな構図が垣間見える。・・・
 県は、愛宕山用地を国に売却して数百億円の損失回避を急ぐ余り、米軍住宅問題には「後は野となれ山となれ」を決め込んでいるようにも見える。二井知事が好んで揮毫(きごう)する「信」が問われている。」

 本人(或いは副知事)にきつく怒られたかもしれないが、公式見解に縛られた報道が多い中でこれほど知事の真意を直接的に表現する記事は稀である。新鮮な驚きを感じるとともに、「真実」を伝える記者の良心に触れたように思う。

 今月下旬には、愛宕山の米軍住宅化反対の署名を防衛大臣などに届ける予定です。まだ間に合います。少しでも多くの署名を届けて下さい。

人気ブログランキングへ

|

« なし崩しのソマリア派遣 | トップページ | 騒音 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

確かに県のやり方には憤りを感じる。
岩国市を山口県と思っていないのではないだろうか。
しかし民間空港については私はあってもいいと思う。
個人的な意見だが採算はとれると思う。

投稿: 意見 | 2009年3月17日 (火) 12時03分

2025年には名古屋までリニアが開通して、隣の広島空港でさえ羽田便が危うくなることが分かっています。

後15年で状況が変わることを前提にしても必要ないことはいうまでもありませんね。

投稿: 困ったものだ | 2009年3月18日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44372945

この記事へのトラックバック一覧です: 稀な記事:

« なし崩しのソマリア派遣 | トップページ | 騒音 »