« 爆音訴訟 | トップページ | 愛宕山署名が10万人を超える »

2009年3月24日 (火)

草莽塾若者コース

 昨日、草莽塾若者コース第1回を開催した。初めての試みであり、高校生と大学生合わせて受講生は4人という少し淋しい教室となったが、身近に意見交換ができるという点で他のコースとはかなり趣の違うものとなった。テーマはもちろん政治であったが、まず彼らの政治に対する率直なイメージを聞くことから初め、現在の政治の問題点、その本来のあり方から、平和と民主主義、基本的人権の大切さなどについて憲法も引用しながら説明した。若者の意識に関する新しい発見も多々あったが、中でも、「嘘は泥棒の始まり」をもじって「嘘は政治家の始まり」という言葉が世間で使われていることを知り、思わず大笑いをしてしまった。
 第2回は今月30日(月)、第3回は4月6日(月)、いずれも19時から、市民会館で開催する予定、途中参加も大歓迎です。

 小沢民主党代表が続投する。第一秘書が政治資金規正法違反で起訴され、今後その手法が明らかにされていく。さらに、政党支部には西松建設ほか、地元企業からもかなりの献金が行われており、公共事業をめぐる疑惑がつきまとう。同じ疑惑はむしろ与党側の方に多いし、今の政治の体質ではどこにもありそうだが、選挙を控えて格好の攻撃材料になりそうである。

人気ブログランキングへ

|

« 爆音訴訟 | トップページ | 愛宕山署名が10万人を超える »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

草莽塾若者コース 4人じゃ少ないようですが、その4人のかたは
とても貴重だと思います。
私たち若者(私は20代後半ですが・・)は、政治に無関心な人も
いますが、こういう政治関連の勉強会や何かに参加することに
抵抗をもっている人が多いです。
私もややその傾向があり、署名の話を持ちかけるときも 緊張しました。
(警戒心というか・・。たとえ誠実な会とわかっていて「こうであってほしい!」
という考えがあってもです。
自分が行きたくても家族や親せきから 慎重になったほうがいいんじゃないの?
とか言われたり、周りを気にしたりする人もいます。)

だからその4人のかたは興味を持っておられ勉強したいという意欲と
参加するという行動にうつされたこと、尊敬します。

嘘は政治家の始まりって言葉、読んでいて私も面白いなと思いました。

政治家の中には、
政治家という言葉が嫌いな 誠実で情熱的な高杉晋作のような政治家もおられますchick

投稿: エリコフスキー(^∀^) | 2009年3月26日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44458896

この記事へのトラックバック一覧です: 草莽塾若者コース:

« 爆音訴訟 | トップページ | 愛宕山署名が10万人を超える »