« 草莽塾 | トップページ | 定額給付金 »

2009年3月 4日 (水)

小沢さんのけじめ

 第一秘書の逮捕を受けて行われた記者会見で、小沢さんは、政治資金は法律に基づき適正に処理されていると疑惑を完全に否定し、党の代表も続けるとした。
 結論から言えば誤りであろう。自らの党とそれを支援する国民のことを考えれば、潔く身を引くことが最善であろう。
 この時期に異例ではあるが逮捕に踏み切ったからには、東京地検特捜部としては徹底的に追求するであろう。捜査の進展によっては今後次々に疑惑が生じてくることも予想され、国会で厳しく追求された挙句の果てに辞職に追い込まれることになれば、影響が大きくなる。
 過去10年余りの間に2億円近い資金が提供されていたことも判明しているが、西松建設が相当の見返りを求めていたことは明らかであり、何らかの便宜供与が行われたのではないかという疑いは拭い去れるものではない。

 与野党を問わず建設会社と政治の癒着は繰り返されてきたことであり、この関係を断ち切ることなくして政治改革は不可能である。

 昨日の草莽(そうもう)塾で、「政治とは何か」をテーマに次のように話した(一部抜粋)。
「我々は、政治家に何を期待してきたのか。
 ・地元への利益誘導→道路をつくれ、新幹線を通せ、お金を取って来い・・・
 ・個人や企業への利益誘導→公共事業受注への有利な取扱い、不祥事のもみ消し・・・
 政治に個別の利益を求めれば、政治が御用聞きになり、予算の分捕り合戦になる。結果は、新幹線がどこまでも伸び、四国に橋が3本もかかり、借金で破綻状態に。
 →そのつけが、負担増となって市民に帰ってくる。

 政治の目的は、一部の人や企業、地域の特別の利益を図る(利益誘導)ことではなく、市民全体の幸せを図ること。
 そして、市民の幸せを実現するためには、民主主義と地方自治が有効に機能することが必要。
 今こそ、市民一人ひとりが主権者として自立し、政治の根本的変革を行うとき。」

人気ブログランキングへ

|

« 草莽塾 | トップページ | 定額給付金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

全く同感です。井原さんの政治を待ち望んでいます。

投稿: daiduk | 2009年3月 5日 (木) 08時24分

先の中川さんといい党首の小沢さんまで少したるんどるって思う。上の者がちゃんと襟をただして若者や子供達に見本を示せ

投稿: | 2009年3月 5日 (木) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44244062

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんのけじめ:

« 草莽塾 | トップページ | 定額給付金 »