« 草莽塾若者コース | トップページ | 愛宕山の借金 »

2009年3月25日 (水)

愛宕山署名が10万人を超える

 昨年末から始まった愛宕山署名の数が、市内分で5万人を超え、全国から寄せられたものを含めて合計で10万人を超え、本日、岩国市と山口県にその写しが届けられた。今現在も毎日のように新しい署名が届いており、4月の上旬には、正式に防衛省に提出される予定である。
 街頭署名や戸別訪問などの署名活動を通じて感じたことは、「市街地の真ん中に新たな米軍基地をつくるなどとんでもない」という予想を超えた市民の強い意思であり、全国からの温かい応援だった。これまでの県や市の法律をも無視する強引なやり方に対する不信感も急速に高まっており、このままでは決して問題の解決にはならない。
 防衛省が買うからには米軍住宅以外には考えられないが、ここまで来たら、跡地の活用策に関する県と市の意図を明らかにして、愛宕山の未来をどうするのか、まちづくりや財政などあらゆる観点から、市民、県民そして議会と一緒に、いつまでも逃げてばかりいないで、正々堂々と議論すべきときである。

人気ブログランキングへ

|

« 草莽塾若者コース | トップページ | 愛宕山の借金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44468135

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山署名が10万人を超える:

« 草莽塾若者コース | トップページ | 愛宕山の借金 »