« ヒラリー国務長官の来日 | トップページ | 新春の集い »

2009年2月20日 (金)

愛宕山署名

 愛宕山の米軍住宅化反対署名が続いています。大切な土地(東京ドーム25個分にも相当)を国に売り飛ばし米軍に提供するなど、とんでもないこと、絶対に許してはなりません。目標の5万人にはまだ達していません。期限は2月末、まだ間に合いますので、市内はもちろん、全国の皆さんの一層のご協力を!

 週末の予定
  21日(土)14:00~ 講演(岡山県国際交流センター)

  22日(日)14:00~ 「草の根ネットワーク岩国」新春の集い(岩国市民会館)
                ゲスト 天木直人氏(元レバノン大使)
  奮ってご参加下さい。

人気ブログランキングへ

|

« ヒラリー国務長官の来日 | トップページ | 新春の集い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

アメリカでマリファナに関してアンケートしたところ40%近く「マリファナを合法化すべきである」
と答えて人がいたそうです。マリファナは麻薬に分類され人体に悪影響を及ぼすものですが、
一方マリファナはタバコやアルコールに比べて人体へ悪影響を与えないと主張する人もおり、
まだまだ研究が必要そうです。

また、経済面でもマリファナを合法化すべきでないかという考え方もあるようで、今後人体
への影響と経済効果を考えた議論が行われていきそうです。

アメリカで「マリファナは合法化されるべきか」という質問を電話アンケートしたところ、40%の
人々が「合法化すべき」と回答し、46%の人々は「合法化すべきでない」と回答したそうです。
「どちらがいいか分からない」と回答した人は14%いたとのこと。

男女別に見てみると、男性のマリファナ合法化推奨派は約50%、女性は約40%で、女性より
男性にマリファナ合法化を望んでいる人が多いことも分かったそうです。特に40歳以下の
人々の方がマリファナの合法化を支持する人が多かった事も明らかになったとのとのこと。
また、WHOによるとアメリカ人の42%がマリファナを吸った経験があると見積もられており、
これは調査した17ヶ国の中では最も高い数値になっているそうです。

米兵がらみのマリファナ事件が多発しています。


岩国市の中心部にアメリカの治外法権エリアが出来ようとしています。

鉄条網がめぐらされた、日本の警察すら出入りすることのできないエリアが・・・

投稿: 困ったものだ | 2009年2月23日 (月) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/44125876

この記事へのトラックバック一覧です: 愛宕山署名:

« ヒラリー国務長官の来日 | トップページ | 新春の集い »