« 新年に当たって(2) | トップページ | お金の使い方(2) »

2009年1月 7日 (水)

お金の使い方(1)

 「定額給付金」お金で票を買おうとする卑しい行為であり、現在の政治のレベルを象徴する言葉として長く語り継がれそうである。

 失業者が巷に溢れる中で、わずかな利を得るよりも、貴重な税金をもっと有効に使って欲しいと思うのが自然な庶民感覚である。経済の深刻さが増すほど、逆に無駄なバラマキに対する批判は強まる。岩国の市長選挙でも一人当たり2万円配られるという噂が流されたが、何でもお金で解決しようするのは、持てる者の悲しい発想かもしれない。来るべき総選挙にもマイナスに作用しそうであり、これが政権の命取りになるかも。

 「景気対策として高額所得者も受給すべし」麻生総理を初め閣僚の前言を翻す発言が相次ぎ、政府は再び迷走し始めている。自身の対応を聞かれた総理も明言を避けている。
 政府の要人の発言の何と軽いことか。
 議論するまでもない。率先して辞退することが、国、地方を問わず、政治家たる者の矜持(きょうじ)であろう。

|

« 新年に当たって(2) | トップページ | お金の使い方(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530823/43667900

この記事へのトラックバック一覧です: お金の使い方(1):

« 新年に当たって(2) | トップページ | お金の使い方(2) »