2020年10月22日 (木)

居眠り

 安芸高田市の議員が本会議場で居眠りをしていたことを巡って、議会と市長が対立している。
 どこの議会にも居眠りする議員がいる。とても許されることではないが、不思議に放置されている場合が多い。こういうときには、議長がきちんと注意すべきである。
 私も、質問が来ないと思うと眠くなることもあったが、机の下で足や腹筋の運動をしながら必死に耐えていたことを思い出す。
 市長が居眠りをTwitterで発信したことに対して、議員から「議会を敵に回すのか」と恫喝を受けたとのこと。
 とんでもないことであるが、これもありがちなこと。議員は議場で政策の是非を議論するというより、議会外で行政に圧力をかけ、自らの利を図るという傾向が強い。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月20日 (火)

住民投票

「住民投票の総て」と題する本が出版された。
 私も大変お世話になった今井 一さんの編著、「国民投票/住民投票」情報室の政策・発行によるもので、
原発、基地、産廃などをめぐって過去に行われた1,200件あまりの住民投票の実例を紹介。
 もちろん、空母艦載機の移駐に関する岩国の住民投票についても、詳しく紹介している。
Img_1568

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月19日 (月)

外遊

 菅首相が、初外遊として、ベトナム、インドネシアを訪問中。
 東シナ海や南シナ海などで進出を強める中国を念頭に、「自由で開かれたインド太平洋」が主テーマのようだが、言葉ばかりが踊り実を伴わない、
 本気で自由を守るというなら、中国に対しても堂々と発言し釘をさすべきであるが、緊密な経済関係を考えるとそれもできない。かと言って、アメリカの意向も気になる。いつもの「中途半端な」日本がいる。
 一方で、経済、文化、安全保障などあらゆる面で重要な隣国である韓国との外交関係は、前政権からずっとほったらかし。
 韓国で開催予定の日中韓首脳会談のボイコットなどという子供じみたことをしないで、堂々と会って話をすることにより解決策を探る、それが大人の外交ではないか。
 まず、足元を固めることから始めるべし。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2020年10月18日 (日)

会報第25号

 市民政党「草の根」の会報第25号(年2回発行)ができ上がり、井原すがこの県議会報告と一緒に封筒に入れる作業をしている。全国の会員や支援者の皆さん、約2,500人に対し、150人余の地区世話人ができるだけ手配りで、遠方の方には郵送でお届けする予定。
 会報は、別添の通り。

ダウンロード - efbca8efbcb0e794a8.pdf

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月17日 (土)

大阪都構想

 大阪都構想の是非を巡って、住民投票が行われている。
 そもそも、どうして大阪市と大阪府を廃止して大阪都を作らなければいけないのか、その理由がよくわからない。
 二重行政をなくすためだと言われているが、そうであれば、現行の中でも十分に可能ではないか。時間と労力、多大な経費をかけてやるべきことではないのでは。
 大阪の人たちの理解も進んでいるとは到底思えない。
 少なくとも、都構想の必要性、メリット、デメリットなどについて十分な議論を行なった上で、最終的に住民の意思を問うというのが本来のやり方であろう。
 維新の独断、独りよがりを押し付ける手段として住民投票を使うべきではない。
 橋下前代表は、以前岩国の住民投票を評して、「国策にはなじまない・・・」としていたが、その意義がよくわかっていない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

貴賓車

 山口県議会議長の公用車が問題になっている。
 トヨタの最高級車「センチュリー」、2090万円。
 県は、皇族送迎用の「貴賓車」と説明するが、皇族の来県予定はなく、事実上議長の公用車になり、周防大島町の自宅との往復などに使われるとのこと。
 知事が議長に配慮して予算計上したのであろうが、常識を超えた無駄遣い。両者の力関係がよく現れている。
 コロナで財政はさらに逼迫しており、予算の組み直しをすべきであった。
 ちなみに、知事の公用車は、マツダのCX-8で、371万円とのこと。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月15日 (木)

合同葬

 中曽根元首相の葬儀が、自民党と内閣の合同で行なわれ、国費が9600万円支出されるという。
 過去にも同様な例があるようだが、まず奇異に感じるのは、与党とはいえ一政党と一緒に行うということ。
 例えば、民主党の首相経験者が亡くなった際にも、こうした合同葬が行なわれるのか。
 さらに、文部科学省から国立大学や市町村の教育委員会に対し、総務省から地方自治体に対し、「弔旗を掲揚し、午後2時10分に黙祷して元首相への哀悼の意を表するよう」通知が出されているという。
 弔慰は、国民一人ひとりの自主的な意思によって表すものであり、国が地方に対して一律に指示するのは筋違い。
 
 山口県では、知事を筆頭に首長も全員自民党員であり、当然のように、県庁や市役所などに半旗が掲げられるのであろう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月14日 (水)

情報公開裁判

 8月5日の山口地裁判決を受けて、同月17日に広島高裁に控訴。10月6日に控訴理由書を提出していたが、この度、期日呼出状が届き、第1回口頭弁論が行なわれることになった。
 日時 11月26日(木)13時30分
 場所 広島高裁第202号法廷
 
 主な控訴理由は、次の通り。
「原判決は、米軍の同意なしに開示すれば信頼関係が損なわれるとして、「愛宕山運動施設の共同使用に係る現地実施協定書」は非開示情報に該当するとしているが、開示した場合に実際に米軍にどのような不都合が生じるのかについて具体的議論がまったく行なわれておらず、審理が尽くされていない」

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

嘘ばかり

官房長官の会見より
「菅総理大臣に、任命にあたっての考え方の説明があって、共有され、それにのっとって作業が行われて、起案された。最終的に菅総理大臣が決裁したというプロセスだ」
「一人一人の任命を菅総理大臣がチェックしていくわけではなく、考え方を共有し、事務方に任せて処理をしていく。本件にかかわらず、そうした対応をしていて、通常のやり方にのっとって作業が進められた」

 何度も言うが、こんな大事な案件を官房副長官が勝手に処理するはずがない。役人であれば、必ず上、首相に相談する。それが、まさに彼の役割。
 この国の政府は、国民の前で平気で嘘を言う。と言うか、ほとんど嘘だと言ってもいい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2020年10月12日 (月)

見ていない

 学術会議問題に関する野党ヒアリングでのやりとりより、
 野党
「首相が推薦者105人が誰かを知らなかったら、『推薦に基づいて任命する』という日本学術会議法に違反する」
 政府
「起案決裁文書には99人の任命者リストと、日本学術会議の105人の推薦者リストがある」
「首相が決裁するまでの過程で、推薦者105人のうち99人を任命すると説明している。違法性があるとは考えていない」

 従来から政府は推薦にクレームをつけてきており、首相もこの問題を強く意識していたはず。当然、事務方も丁寧に説明し決済を得たはずであり、「リストを見ていない」などということはありえない。
 仮にそうだとすれば、誰がどのような基準で除外したのかが大問題。
 さらに、首相が政府部内をコントロールできていないことに。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

«報道インタビュー