2017年9月25日 (月)

安倍首相解散会見

「子育て世代への投資を拡充するため、これまでお約束していた消費税の使い道を見直すことを本日決断いたしました。
 国民の皆さまとのお約束を変更し、国民生活に関わる重い決断を行う以上、速やかに国民の信を問わねばならない、そう決心いたしました。
 28日に衆議院を解散いたします。」
 再来年10月に予定されている消費税率の引き上げの際に、その増収分5兆円の使途(1兆円を社会保障、4兆円を財政再建)を変えるというもの。
 これが、解散の主な理由であるが、消費税の引き上げは丸2年後であり、今急に解散しなければならない理由にはまったくなっていない。ゆっくり考えて、次の選挙の公約にすればいいだけ。
 相手の弱みに付け込む打算と森友・加計の疑惑隠しという、身勝手な解散に過ぎない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

金正恩委員長の声明

「米国執権者は情勢緩和に役立つそれなりに説得力のある発言どころか、わが国家の「完全破壊」という歴代のどの米国大統領も口にしなかった前代未聞の横暴非道な気違いじみた発言を行った。
 怖じ気づいた犬がよりほえ立てるものである。
 トランプは、一国の武力を掌握した最高統帥権者としては不適格であり、彼は確かに政治家ではなく、火遊びを好むならず者、ごろつきに違いない。
 トランプが世界の面前で私と国家の存在そのものを否定して侮辱し、わが共和国をなくすという歴代最も暴悪な宣戦布告を行った以上、我々もそれに相応する史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮するであろう。
 米国の老いぼれ狂人を必ずや火で制するであろう。」
 ならず者、ごろつきと呼び、トランプが宣戦布告を行ったとし、史上最高の超強硬対応措置の断行を匂わす・・・
 北の外相は、太平洋上での水爆実験に言及。
 ここまで来ると、一触即発、いつ何が起こるかわからない。
 とても、解散などやっている暇はないはず。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

安倍首相の国連演説

  20日の国連演説より抜粋。
「脅威はかつてなく重大です。眼前に、差し迫ったものです。
 我々が営々続けてきた軍縮の努力を、北朝鮮は、一笑に付そうとしている。不拡散体制は、その史上、最も確信的な破壊者によって、深刻な打撃を受けようとしている。
 対話による問題解決の試みは、一再ならず、無に帰した。」
「何の成算あって、我々は三度、同じ過ちを繰り返そうというのでしょう。
 北朝鮮に、全ての核、弾道ミサイル計画を、完全な、検証可能な、かつ、不可逆的な方法で、放棄させなくてはなりません。
 そのため必要なのは、対話ではない。圧力なのです。」
 自ら、対話への道を閉ざすもの。どうして、ここまで表に出て激しく非難する必要があるのだろう。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

トランプ大統領の国連演説

北朝鮮の部分を抜粋すると、

"The United States has great strength and patience, but if it is forced to defend itself or its allies, we will have no choice but to totally destroy North Korea.

"Rocket Man is on a suicide mission for himself and for his regime,"

(私なりに訳すと)

「アメリカは、大きな力と忍耐を持っているが、自国と同盟国を守るために必要なら、北朝鮮を完全に破壊するだろう。

 ロケットマンは、彼とその体制の自殺行為を行っている。」

 攻撃的で緊張を高めるだけ。大統領の行うべき演説ではない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

大義名分

 安倍さんは、大義名分を考えていて、消費税の使途を変更して教育の無償化に当てることが候補になっているという。これでは、完全な約束違反、この人の言うことは信用できない、消費税を廃止して出直せといいたい。
 大義名分はこれからとってつけるものではなく、理由が先にあって解散をすべき、順序が逆。
 こんな憲法違反の解散を許してはいけない。
 非常の事態であり、解散の無効を主張して、何か行動できないのだろうか。
 司法への訴え、野党の選挙ボイコット、有権者の棄権・・・
 難しいかな。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

解散権の濫用

 何度も言う。解散は総理大臣の専権事項だと言われるが、違う。
 憲法には、衆議院で内閣不信任案が可決された場合に内閣による解散権が認められている(69条)だけで、総理大臣の自由な解散権などどこにも書いていない。
 国民の代表する国会をいつでも自由に解散することができるとするのは、法律的にも筋が通らない。
 少なくとも、それ相当の合理的理由が必要であるが、透けて見えるのは、民主党の混乱につけこみ今やれば勝てるという打算と森友・加計問題の疑惑隠し。大義名分などどこにもない。
 さらに、北朝鮮情勢が緊迫しており何が起こるかわからないという状況で、政治空白を作ることは言語道断、無責任極まりない。
広島カープの優勝
0918

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

錦帯橋架替

 錦帯橋を20年毎に架け替えるという方針が見直されたと聞き驚いた。
 50年振りに行われた平成の架替(2004年)を教訓として、専門家の意見も聴き、20年ごとに一部の架替を行うという方針が決定された。
 20年であれば、私たちが一生の間に何度か体験することができる期間であり、そこを目標として、用材を調達し、技術者を育成するなど、市民みんなで盛り上がることができる。
 もちろん、伊勢の遷宮のようにイベント化することにより、観光客の誘致にもつながる。
 渡橋料を基金として積み立てており、財源も十分にあるはずだが・・・
 歴史的にも20〜30年間隔で架替が行われており、その伝統を復活し、今後何百年にもわたって維持されるべき方針だと思われる。 
 従来の方針を見直す必要性がどこにあるのか、明確に説明すべき。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

錦川鉄道に新駅?

 第三セクターで運営されている錦川鉄道に新駅ができると聞いて驚いた。
 「秘境の駅」と銘打っているようだが、その辺りは、小さな滝があるだけで川の流れも緩やか、観光客を惹きつける魅力があるとはとても思えない。誰の発想でこのような事業が予算化されるのだろうか。
 その財源は、県の再編関連交付金であるが、私たちの税金であることに変わりはない。これまで、錦帯橋空港の駐車場などの整備にも使われてきたが、必要性という観点から疑問が残る。
 今後基地機能が強化され、騒音被害なども大幅に拡大することは確実であり、そうした対策に優先的に使うべき。
 防衛省からもらえる余分のお金だからといって、何に使ってもいいわけではない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

地位協定の見直し

 11日、沖縄県の翁長知事は、防衛大臣に対して日米地位協定の見直しを要請した。
 その内容は11項目に及ぶが、私なりに主なものを抜粋すると次の通り。
・施設・区域の提供、用途の変更、埋め立て、大規模な工作物の新設などを行う場合は、関係地方公共団体と協議し、その意向を尊重すること。
・アメリカ軍の訓練、施設整備等の活動に対して、航空法や環境保全に関する日本国内法を適用すること。
・日本側から被疑者の起訴前の拘禁の移転の要請がある場合は、速やかにこれに応ずること。
・日米合同委員会において、施設及び区域周辺の住民に影響を及ぼす事項を協議する場合は、関係地方公共団体の意見を聴取し、その意向を尊重すること。
 政府は、アメリカに対してモノを言うことができず、地位協定の見直しには端から消極的であるが、そんな無責任な対応ではすまされない時期に来ている。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月12日 (火)

制裁決議

「格段に厳しい制裁決議が迅速に全会一致で採択されたことを高く評価する」
 国連安全保障理事会の決議を受けた安倍さんのコメントであるが、これほど自画自賛するということは、裏返せば、中身があまりないということか。
 影響力の強い中国やロシアとの足並みが揃わず、圧力と制裁が効果をあげるとはとても思えない。
 このまま、にらみ合いが続けば、Xデーが確実に近づく。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«政務活動費の収支報告書